[PR] 留学

奈良観光3 

091027戒壇院091027二月堂091027新薬師寺

つづいて、戒壇院、三月堂(写真は二月堂)、新薬師寺の仏像。
戒壇院は東大寺大仏殿から少し西に行ったところにあるのですが、ほんの少し歩いただけで、大仏殿のにぎわいがうそのように静かになりました。
こちらは、鋭いまなざしで有名な、広目天が安置されています。
三月堂、新薬師寺でも、写真でしか見たことのない仏像に実際にお目にかかれて、すごく感動しました。
写真も素敵なのですが、実物の迫力はさすがです。
ああ、自分の表現力の無さが、ほんとにもどかしいです。

あと、不空院というお寺は、「重要文化財 不空羂索観音」という看板につられて
ふらりと入ってしまいました。
中にいるお坊さんに声をかけると、お寺の中に入らせてくれて、ご本尊の前に座りながら、ゆっくりとお寺の歴史などを話してくださいました。
ご本尊は、重要文化財の不空羂索観音さまで、その横に弁財天さまも祀られていました。

仏像以外の感想では、戒壇院の門を写真に撮っている時に鬼瓦(なのか?)がすごく凝っているのに気付きました。

091027戒壇院屋根_吽形  091027戒壇院屋根_阿形

ちゃんと、阿形と吽形になってる!
戒壇院から二月堂へ向かう道々、建物の瓦ばっかり見て歩いてました(*^_^*)
凝った瓦がたくさんあって、楽しかったです。


次に春日大社です。
091027春日大社ここには、大好きな武将、島左近が奉納した石の灯篭があると知り、それが見たいがために行ってきました。
すぐに見つかるだろうと思っていたのに、あんなにいっぱい石の灯篭があるなんて...。
世間知らずでした。また下調べをきちんとして再挑戦したいと思います。

島左近の石の灯篭には出会えなかったのですが、直江兼続が奉納した灯篭というのに出くわしました。

091027直江灯篭灯篭には
御立願成就如意鋸處也
慶長五年庚子極月吉日
越後国直江山城守息女敬白
と書かれています。
慶長五年...関ヶ原の合戦の年ですねぇぇぇ。
息女とかかれてありますが、説明書きには 『元神主の記録に「直江山城守殿様灯篭」の記述があることからも、直江兼続から依頼を受けての奉納が窺われる』 とありました。

以上で今回の奈良観光の感想は終わりです。

大阪城へ行きました 

今日は、中学時代の友だちとその子どもたちと一緒に、大阪城へ行ってきました。
平成の大改修以来、初めてでした!(せー坊は2回目)。

たまたま道を聞いた人が、ボランティアガイドの方で、
天守閣までの道のりをガイドしてもらいながら行きました。

平成の大改修でかっこよくなった大阪城。
賛否両論あるそうですが、私はかっこいいなぁと思いました。

090718大阪城

------------------------------------------


下の写真の左。
桜門前で、鎧兜にみをかためた人たちに出くわしました。
この格好で、周辺のお掃除をしたり、こうやって写真を一緒に撮ってくれたりするそうです。
刀の代わりにゴミ拾い用のはさみを持っています。
(子どもたちの顔は少々編集しています~)

右の写真。
桜門を入ってすぐにある巨大な石。
見えている面はたたみ30畳分くらいあるそうです。
ガイドさんに言われるまま、みんなで手をつないで記念写真を撮りました。
遠くから見るとそれほど大きく見えない石ですが、近づいてみると、ものすごい大きいです。
090718大阪城桜門前090718大阪城石垣
------------------------------------------



お次の写真(左)。
大阪城内で兜と陣羽織を試着して写真を撮らせてもらえます(おひとり300円)。
左から「真田幸村」(せー坊)、「加藤清正」(私)、「豊臣秀吉」、「後藤又兵衛」です。
このほかに、黒田官兵衛の兜もありました。
今度はぜひ、真田幸村の兜をかぶりたい!(また行くつもり(^^ゞ)

お昼は大阪城公園内の食堂でいただきました。
「太閤うどん」というのがあったので注文してみたら、ものすごいでっかいうどんが来ました。
写真ではよくわからないかもしれませんが、「ひとりで食べるのか?」と思うほどにでっかかったです。
090718大阪城兜試着090718太閤うどん
------------------------------------------


このあとは、大阪歴史博物館へ移動。
友だちの子どもたちはロビーで遊戯王のデュエル(これも今日の目的だったので)。
私たちは少しお茶して休憩。

友だちと別れてから、せー坊と二人で歴史博物館へ入場しました。
時間がなかったので常設展のみをみました。
スタンプラリーがあったり、土器の立体パズルがあったり、楽しめました!