[PR] 留学

奈良観光2 

まずは、2大イベントの報告...

「お堂でみる阿修羅」
去年に国宝館で見たときは、ショーケースにしまわれたお人形さんのような感じがしたのですが、仮金堂に安置された阿修羅像は、とてもいきいきして見えました。
阿修羅像だけでなく、仮金堂内が別世界のようで、素晴らしかったです。
釈迦如来三尊像を中心に、四天王像、十大弟子像、八部衆像、総勢21体の仏像が配置され、それはそれは、圧巻です。

同時に公開されている、北円堂は...「初の本格的な照明デザインを取り入れ」たそうですが、初見なのでその辺はよくわかりませんでした。
が、仏像は素晴らしかったです。
写真では見たことはあったのですが、実物は迫力が違う!

「正倉院展」
今年で2回目になります。
ものすごい人でした(平日だったのに)。

(恒例?)印象に残った展示品、ベスト3

第3位 : №14 金銀鈿荘唐大刀(きんぎんでんそうのからたち)
持ち手が鮫皮で、水晶がはめ込んである、美しい大刀。

第2位 : №41 子日目利箒(ねのひのめとぎぼうき)
皇后さまが年明け初の子の日に、蚕の部屋を掃き清めるためのホウキで、ホウキの先にガラス玉がついていました。ガラス玉が持ち手ではなく穂先(っていうのかな?)についているのが、すごくかわいらしかったです。
大伴家持の詠んだ句に「初春の、初子の今日の、玉箒(たまばはき)、手に取るからに、揺らく玉の緒」というのがあるそうですが、まさに、このホウキのことを詠んだそうです!

第1位 : №2 緑牙撥鏤把鞘御刀子(りょくげばちるつかさやのおんとうす)
とても細かい細工が施された、長さ十数センチほどの小刀。
帯につける装飾品でもあるし、木簡に書いた字を消す消しゴム的な役割もあったそうです。
その細工の細かさといったら...溜息ものでした。

番外編
№38 白石鎮子 青龍・朱雀、№39 白石鎮子 白虎・玄武
大理石のレリーフ。デザインがとてもユニークでした。

№48 金銀花盤(きんぎんのかばん)
おおきなお盆のようなもので、真中に花の形の角をもった鹿(花鹿というそうです)がデザインされています。
鹿の周りに☆マークがついていて、とてもかわいらしいデザインでした。


3度目の奈良国立博物館でしたが、初めて常設展を見てきました。
常設展だけでも来たかいがあったという感じでした。

こちらも今回印象にのこったベスト3...

第3位 : 木造法相六祖坐像の神叡坐像
仏師康慶とそのお弟子さんたちが作られたそうです。
衣のひだの表現がウットリするほどきれいなのと、端正なお顔にくぎ付けになってしまいました。

第2位 : 十二神将
こちらの十二神将は、それぞれが対応する干支の動物を頭にのせていました。
その動物がすごくかわいくて!!!!
興福寺東金堂の十二神将の頭にも動物がのってたけれど、また全然違う雰囲気でした。
十二神将はポーズもいろいろあって、表情も豊かで大好きです。

第1位 : 東大寺 西大門勅額
東大寺の西大門に掲げられていた門額。
高さ2m以上あったでしょうか。
「金光明四天王護国之寺」と大きく書かれ、その字の周りに、梵天、帝釈天、四天王、金剛力士の八体の木造彫刻が配置されています。
こんな迫力満点の額がつけられていた西大門が見てみたいです。

以上、興福寺と奈良国立博物館の感想でした。
なんともミーハーな感想でお恥ずかしい。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yanami873.blog94.fc2.com/tb.php/294-f7acadd4