[PR] 留学

こどもたちへの配慮★【はんこ】クマの"THANK YOU" 

親野智可等さんが発行されているメルマガに以下の記述がありました。

大切なことだと思いましたので転記させていただきます。
(親野智可等さん了承済み)


私が下記の記事を読んで思ったのは・・・

ニュースを見る、見ないは判断が難しいことで、
「大丈夫」と言っていいのかも迷うところです。

ただ、子どもが怖がっているときに共感してあげるだけでも
随分違うかもしれないと思いました。

被害を受けていない者が病気になってしまっては
支援ができなくなってしまいます。
元気を出して、できることをやっていきたいです。


***転記ここから***


以下は、小児科の医師turubabaさんのツイッターからの引用です。
https://twitter.com/turubaba

ここから~~~~~~~

子供さんのいるご家庭はニュースを見るのはやめましょう。
子供たちの顔を見ていてあげて、話しかけてあげてください。

今は大丈夫でも、後で熱を出したりおなかを壊したりするかもしれません、
ストレスで。

今日の診療中、ストレスを抱えている子供たちが多数受診。
皆さん、テレビを消しましょう。

せめて、楽しい番組の録画を見せてあげましょう。
みんな目がきょろきょろして落ち着きがなかったです。

診察中、個室でお気に入りの映像を楽しめるのでみんな目がきらきらしていました。
うれしそうにビデオを見ていました。

診察終わっても帰りたがらない子が多いのです。
おうちでは楽しいビデオを見せてあげましょう。
情報はインターネットでどうぞ。

ここまで~~~~~~~

私も同感です。

地震、津波、原発に関するテレビ番組を
この数日間ずっと見ていたご家庭も多いと思います。

それによって、かなりのストレスを溜め込んでいる
子どもも多いと思われます。
子どもたちへのご配慮をお願いいたします。

災害や事故で命をなくしたり家族をなくしたりすることについて、
不安を感じている子も多いと思います。

そういうことを話してきたら、
まずは「こわいんだね。心配なんだね」と共感的にたっぷり聞いてあげてください。

その後で、「だいじょうぶだよ」と言って安心させてあげるといいと思います。
抱きしめてあげるのもいいでしょう。

とにかく、安心して安らかに過ごせるようにしてあげてください。

***転記ここまで***


● ● ● ● ●





● ● ● ● ●


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 消しゴムはんこへ
↑↑↑
ブログランキングに参加しています。